「ほっ」と。キャンペーン

図書館ではたらく私のささめごと


by straylight

カテゴリ:お買い物( 16 )

新丸ビル

このまえ新丸ビルに行ってみました。
じつは開店初日に行きまして、金曜だったんだけど、場所柄ほとんどの男性はスーツ姿。
そこに、よれよれのパーカー姿のわたしはかなり違和感が……

丸ビルが最先端の丸の内の姿を表現しようとしているのに対して、新丸ビルはクラシックでレトロな丸の内であろうとしているのがおもしろい。
入っているお店も、現在注目されているものから、老舗までいろいろあって個性豊かで楽しいです。

そんな感じで、いろいろお店を見たのですが、結局買ったのは成城石井でドーナツと醤油とポテチ……
まあ、こういうところが庶民だなあと、自分を慰めているところ。。。
[PR]
by straylight | 2007-05-07 22:39 | お買い物

SONY Walkman

sonyのWalkmanをついに買ってしまいました!
以前から使っていたRIOがとうとう「壊れかけ」から「あとちょっとで壊れる」に移行してしまったもので……
それにしてもRIOは、わたしが買ったとたん生産中止、そして日本からの撤退と災難続きでしたが、よくがんばってくれました。
今後は1GBのUSBメモリーとして働いてもらおうかと思っています。

で、ずっとiPod nanoとどちらを買おうか迷っていたのですが、結局Walkman(NW-S706F)を買いまして、使ってみるとなるほどiPodとは全然違う!
両者を同じ音楽プレーヤーという範疇で考えていたのですが、方向性が全く異なっていました。
iPodがデザイン重視なのに対して、Walkmanは音楽重視(というかそれのみ)で勝負しています。

まず、Walkmanの欠点を挙げると、ディスプレイが見づらい。
曲名の表示部分が一行しかないので、次の曲が何なのか分からない。
従来のジョグダイヤルを踏襲しているのですが、あれは10曲とか20曲の中から聞きたい曲を探すには便利でしたが、ものが100曲、200曲となるととても使いづらい。

それから噂にたがわず、SonicStageでのデータのやり取りも使いづらい。
特にわたしはずっとWindows Media Playerで音楽データの管理をしていたので、それを移行させなくてはならないというのはとても面倒です。
音楽ファイルの保存しているフォルダもデフォルトから変更させているので、それを変えて、それから、あれから……

で、実はいちばん厄介なのが音楽ファイルの形式。
これまで使っていたWMAやMP3ファイルの再生も可能なのだけれど、Walkmanで保存したデータは自動的にATRAC形式になってしまう。
これはもともとMDで使われていたファイル形式で、もちろんSONYが考案したもの。
ほんとうにSONYはこういうとき、自社ブランドの方式を押し付けて顧客の囲い込みを行なおうとするから消費者としては迷惑この上ない。
今後Walkmanから仮にiPodなど他社製品に買えるときには必然的にATRAC形式の音楽データを変換しなくてはならない。

こんな感じで欠点を挙げてみましたが、とうぜんWalkmanだっていいところがある。
第一に音にこだわっている。
さすがこれまでのWalkmanの歴史があるだけに音質がとてもいい。
iPodの音の悪さについてはいろいろ聞いているところだけにこれは際立つ。
低音部の音のよさに加え、わたしの買ったNWS706はノイズキャンセリング機構がついているので、外で聞くとき驚くほど雑音が聞こえなくなる(ただし専用のイヤホンを使っているときしか機能しない)。
これはどういう仕組みになっているのか分からないのだけれど、試聴コーナーなんかで使ってみるといいかも。
あとは、別売りコードを使うことで他の機器(コンポやMDラジカセ、ラジオなどなど)からパソコンを介さずに直接録音が出来る。
ラジオチューナーがついている。
iPodでは対応していないWMA形式のファイルの再生ができる。
ということで、Walkmanは音楽の再生と録音に突出した機器になっているように感じます。

iPodに関してはデジタルポータブルオーディオプレイヤーの購入実態などを見ると、その人気がデザイン性に依拠しているのが分かります。

つまりは自分の欲しい機能が何であるのかはっきり分かれば何を買えばいいのか案外簡単に決められるのではないかと思う。
それに市場の寡占化で損をするのは消費者なわけだし、そう考えるとApple、SONYに限らず他の会社もどんどん面白い製品をだしてくれればいいな、と思うわけです。
[PR]
by straylight | 2007-01-29 21:46 | お買い物

KAPITAL

a0037820_23375914.jpgメンズの白シャツを売っているいい感じのお店ってこれまで45rpmしか知らなかった。レディースだったらパラスパレスとかあるし、
UNITED ARROWS green label relaxingTOMORROWLANDももちろん好きなんだけど、夏になると半袖シャツばっかりで長袖を売っていないし、秋冬でも柄物が多くて純粋な白シャツをコンスタントに売ってはいない。
そんななか知ってしまったのがこのKAPITALってお店。
正直、悪いことはいわないから一度行ってみるべし!
45rpmは全国のデパートに入るなどしてチェーン店化することでかつての迫力を失ってしまって、BADOU-Rなどの一部のお店だけがそのすごさを今に伝えているけれど、KAPITALはまだ小規模展開なためにお店、商品の隅々にまで目の行き届いたこだわりが感じられる。


a0037820_23513083.jpgまだまだお店が展開されていないから、それぞれのお店ごとにとても個性がある。
恵比寿にあるDuffle with KAPITALでは、まずガレージから入り、靴を脱いで階段を上ればマンションの一室の和室に商品が並べられている。
その部屋から別の階段で地下(一階かな?)に降りていくとそこにも売り場があり、さらに半地下にまで降りられる。
このお店の奇妙さは自分で体験してみないと理解出来ないと思う。
とにかく45rpmとパラスパレス好きには絶対の自信を持っておすすめするお店です。
今回は白シャツを一枚買いましたが、もう一着気に入ったシャツのピッタリサイズが白金店にあるようなので、数日以内に訪問する予定。
[PR]
by straylight | 2006-07-18 00:12 | お買い物

靴二態

a0037820_2051488.jpg
久しぶりに新しい靴を買いました。
ビルケンシュトックのALPROという種類です。
売り文句によると、「特にプロユースの位置付けとして開発されたブランドです。(中略)医療現場や研究所内などシリアスな条件を求められる現場で活躍します。」とあるけれど、医療現場でビルケンシュトックってなんかなあ。


今号のku:nelでオーロラシューズの特集を組んでいたけど、案の定「オーロラシューズ」、「AURORA SOHE」で検索して飛んでくる方が多い。
本文中で「10年ほど前、当時サンプルとして代官山のある店に飾ってあったオーロラシューズを見初め、雑誌にはじめて紹介したのが岡尾さん。あまりの反響に店のオーナーが正規商品として取り扱うことに決めたそうです。」とあるけれど、その当のお店は多分G.O.Dのこと(証拠はないけど)。
ku:nelで紹介されたからきっと注文が殺到するだろうけど、なんせ手作りなので数は限られている。
もし気になった方は早めにチェックしといた方がいいかも。

<関連情報>
2005年3月13日の記事
2004年10月17日の記事
■なんせ一年以上前の記事なのでリンク切れがいくつかありますのでご了承下さい。■
[PR]
by straylight | 2006-05-21 21:06 | お買い物

デュラレックス

うちではデュラレックスのピカルディーを愛用しているけれど、お店で目にする青いやつも良さそうだなと思っていたら、3COINSで売っているということを聞き、買いに行きました。
ピカルディーのマリン(青)が二つで300円!
一つは自宅で、一つは図書館に持っていこうと思います。
[PR]
by straylight | 2006-02-21 23:42 | お買い物

Peppermint Crystal

a0037820_23403173.jpg

横浜高島屋で北海道の物産展をやっていました。
豚丼とかてんこ盛りの海鮮丼やチーズ、ソーセージに混じって売っていたのが、北見ハッカ通商のPeppermint Crystal(画像左)。
クリスタル状の(というのか知らないけれど)ハッカで、数㎜分を口に放り込むだけで爽やかな香気が口の中に溢れる。
あとは、紅茶の中に入れて楽しんだり、タンスの中に数粒入れておけば虫除けにもなるらしい。
じつはこの商品を知ったのはもう四、五年前、谷村志穂/飛田和緒『お買物日記』の中でのこと。
谷村志穂さんが千歳空港のおみやげ物として紹介している。
なんとなく覚えていたけど、初めて目にした。
これは本当にすごい効き目で、数㎜でスーーッとするから初めての人は用心しないと。
ちょっとでも多めに口に放り込もうものなら、ひどい目に合うこと請け合い。

そして右側はハッカ油。
スプレーになっていて飲み物に入れたり、体に振りかけたりする。
ちょっと首筋にかけるだけで、ハッカのいい匂いと、気持ちの良い刺激が持続する。
いいかも。

< LINK >
ハッカ油専門店たぬきや 紹介ページ
[PR]
by straylight | 2005-04-25 23:50 | お買い物
a0037820_0565680.jpgツレがWest EnglishのOlive色を買った。
買ったのは以前紹介した代官山にあるG.O.Dというお店。
DAIKANYAMA FASHION STREET G.O.Dページ
このWest Englishという形はスタンダードすぎてあまりわたしは好きじゃないなと思っていたけれど、実際に履いたところを見ると、なるほどいいかもしれない。
わたしもやっぱり欲しくなったので、とりあえずWest Indianを試し履きしてみた。
(どんな形なのかは SPACE MOO Aurora shoes紹介ページ
ちなみにこのWest Indianはどこのサイトを見てもレディースとしか書いていないが、ここで注文すれば、メンズサイズも特注でしかも値段も同じで買えるという。
ただしいま注文すると、はやくて5月中旬、もしくは6月末までかかるとのこと。

で、履いてみると、甲の部分に薄い皮を使っているのと、小さいサイズで試してみたのとが相まって、パツンパツンに見える。
ちょうどいいサイズで試した訳じゃないので、どうなのか分からないけれど、散々悩んだ結果今日は注文しないことにした。
ちなみにAurora shoesに似た靴に目がいくようになった。
たとえばビルケンシュトックのC140なんてNew Chineseによく似ているし、TrippenのWalkerもWest Indianに似ていたと思う(画像からだとよく分からないけど)。
あと、同じくビルケンシュトックで、Parisという形はWest Indianによく似ている。
Maison de Mrtine Paris紹介ページ
ということで、選択肢はいくつもあるのでもう少しゆっくり選ぼうと思います。
[PR]
by straylight | 2005-03-13 01:35 | お買い物

Aurora shoes

以前(10月17日)紹介したAurora shoesですが、Permanent Ageというお店でオンライン注文ができるようになりました。
オーダー注文になるので1月7日までに注文した方は3月中旬に手にはいるとのこと。
手にはいるまでの期間もちょっと長めですし、このサイトからではわたしの欲しいデザインのメンズサイズが注文出来ないのも難点ですが、家の近くで手に入るお店のない方にとっては非常に便利だと思います。
春先から履きたいということであればいまのうちに申し込まないと。
わたしですか? わたしはWest Indian の黒色をいまだに悩んでいるところ(笑)
どうしよっかなー。
[PR]
by straylight | 2004-12-27 22:22 | お買い物

恵比寿vol1

この前、恵比寿に行った。
印象に残ったのはEkoca
ku-nelとか天然生活読者にとって聖地のような雑貨屋さんとのこと。
シンプルだけどこだわりのある生活を目指す、という人が読むような雑誌らしい。

Ekocaは独特な雰囲気で、雑貨屋と呼ぶには抵抗がある。
なんせ品数は両手足の指の数(?)で数えられるぐらいしか置いていない。
あちらにぽつん、こちらにぽつんって感じ。
柔らかめの音楽が流れる中オーナーの一人石川ゆみさんが雑誌で彼女を見たときと同じような白いシャツを着て立っていた。
彼女はEkocaのオーナーでもあるけど、布作家でもあって私が行った日は彼女の作ったトートバッグが売っていて散々迷ったあげくあきらめた。
ザラッとした麻の質感と色遣いがとても良かったんだけど。。。

さいきんのムーブメントがどうなっているのか知らないけれど、たとえば持っているものを減らし、その代わりいいものを手入れして末永く使っていく、そんな人たちが集まる場所の中のひとつにEkocaがあるのかもしれない。
もちろんそうした動きはいつの時代にでもあったと思うのだがこうして物も情報も、つまりは有形・無形をとわず氾濫している中で自分にあったものを、流行に押し流されることなく見つけていくというのはなかなか難しいのだろうと思う。
[PR]
by straylight | 2004-12-12 00:29 | お買い物

原了郭の黒七味

お気に入り&憧れの「お取り寄せ」は?

a0037820_2255793.jpg

たまたまちょうど最近「お取り寄せ」したんだけど、京都は原了郭の黒七味がいい!
色は名前通り黒っぽくてところどころ茶色い、匂いは山椒の香ばしいが際だっている。
舐めてみると非常に辛いのが分かる。
辛いのだが、唐辛子の辛さではなく山椒の辛さがピリリと舌に残り、それでいてなめらかな舌触りが心地よい。
なるほどなるほど多くの人が賞賛している理由が納得できました。
これは素晴らしい。
普段山椒をうなぎに付いてくるパックでしか味わったことのない人には、山椒というものがこんなに刺激的な香りをして、辛いのかはじめて知ることになるのではないでしょうか。
ただ、だけどね注文した次の日に品川のクイーンズ伊勢丹で売っているのを見たときにはがっくりでした。
送料650円は勉強代と思えばいいのでしょうか。

関係ないけど画像で下に写っているスプーンは持ち手のところがあけびの蔓で巻いてあるお気に入りの品。
j.(ジェイ-ピリオド)で買った。
和風のものを揃えた品揃えは見ていて自分が日本人であることを誇らしげに思えてくる。
ちなみに Franc Franc と同じ系列がやっているお店。

さらに、ランチョンマットは妻の妹の作品。
色の合わせ方が好いと思います。
[PR]
by straylight | 2004-11-23 02:47 | お買い物